もち米とうるち米

もち米とうるち米の違いについてですが、
まず性質の違いとしては、

それぞれに含まれている
でんぷんの量が異なっている事があげられます。

専門的なお話しをすると、
アミロースとアミロペクチン等の説明になりますが、
少し難しくなりますので割愛します。

日本にあるうるち米のでんぷんは、
アミロペクチンが約80%前後、
アミロース20%前後で構成されています。

それに対してもち米では、ほぼアミロペクチンのみで
構成されているといった違いがあり、
アミロースが高いとパサパサしたお米になります。

逆にアミロペクチンの含有量が高いと、
粘りが強いお米が出来上がるのですが、

もち米はアミロペクチンで構成されているので、
粘り気のとても強いご飯になるので、
それがお餅になるのです。

お米を炊く前の米粒は、うるち米は半透明で
ガラス状になっているのに対して、
もち米は乳白色になっています。

また形状はもち米の方が
うるち米よりも丸みがあって、
ちょっとポッチャリした感じに見えます。


スポンサード リンク

もち米の炊き方を知っているのと知らないとでは違いがあります。
ご家庭でもち米を炊く際には、
ちょっとしたポイントで、美味しくもち米を炊く事が出来ます。