もち米と米の種類

もち米とお米には種類がありますが、
それぞれの品種は品種にちなんだ
名前の由来があるそうです。

しかしもち米は、この日本で行なわれている
稲作全体のほんの数%にしか過ぎません。

もち米はなくてはならない存在であると思いますが、
年々減少傾向にあるのです。

もち米の品種は少ないのですが、
「ヒメノモチ」「こがねもち」「ヒヨクモチ」
「ヒデコモチ」「マンゲツモチ」
「はくちょうもち」などがあります。

またもち米には有色もち米と言われる、
色のついたもち米があります。

朝紫と呼ばれるもち米は黒米で、
見た目は真っ黒い色をしたお米ですし、

つくし赤もちと呼ばれるもち米は、
見た目は赤褐色っぽい色をしており、
赤米と呼ばれています。

普通のお米にもみなさんが知っている通りに
色々な品種がありますが、

それと同様にもち米にも品種がある事が
お分かりになられたのではないでしょうか。

もち米やお米はそれぞれに特徴がありますが、
それらは味だけでなく、

粘り気や食感などにも全く違う良さがありますので、
ぜひ皆さんも色々とお試ししてみてください。


スポンサード リンク

もち米の炊き方を知っているのと知らないとでは違いがあります。
ご家庭でもち米を炊く際には、
ちょっとしたポイントで、美味しくもち米を炊く事が出来ます。