もち米の保存方法

もち米の保存方法ですが、通常の白米と同様の
保存で構わないのですが、
密封させて保存しておく事が理想の保存方法です。

乾燥や臭いの移り香を防ぐために、
密封容器に入れて、
冷蔵庫で保存しておく事が理想だと言われています。

もち米は乾燥するとひび割れしたりするので、
乾燥を避けて直射日光を避けて保管します。

また虫がつく事がありますので、
温度と湿度には気をつけて、
なるべく早めに消費してください。

冷蔵庫内に保管すると、
虫が発生しにくくなります。

また湿度が高いとカビが発生しますので、
湿度や温度に気をつけて、
水気の少ない場所に保管するようにしましょう。

もち米に限らず、お米は匂いがつきやすいので、
保管の際はなるべく香りのきつい食材等を避けて、
離して保管するようにしましょう。

お米はなるべく早く消費した方が
美味しく食べれれますので、
賞味期限内を目安に召し上がるようにしましょう。

賞味期限が過ぎると風味が落ちますので、
なるべく買いだめする事はお勧め出来ません。


スポンサード リンク

もち米の炊き方を知っているのと知らないとでは違いがあります。
ご家庭でもち米を炊く際には、
ちょっとしたポイントで、美味しくもち米を炊く事が出来ます。