もち米の炊き方

もち米の炊き方を説明しますが、
炊飯器で炊く場合と圧力釜で炊く場合とでは、

ちょっと違いますので、
間違えないように気をつけましょう。

ここでは蒸し器で蒸す場合を説明します。

炊飯器を使ったもち米の炊き方は、
「もち米と炊飯器」を参照してください。


もち米の炊き方(蒸し器)
1.もち米を正確に計量します。
精米用カップすりきり1杯で150gです。

2.4回だけ洗米します。
1回目は一気に水を釜に流し込んで、
さっとすすいですぐに水を捨てましょう。

もち米はすぐに水を吸い、
ヌカ臭くなるので、1回目はサッと行ないます。

3.2〜3回目は、力を入れずにもち米を洗米します。
たっぷりの水でとぎ洗いします。

4.すすぎの仕上げを行いますが、
ここでも決して力を入れて研がないようにしましょう。

5.蒸し器で蒸す場合は、
ここで約2時間以上の吸水を行ないます。

出来るだけたっぷりの水をここで吸わせておきますが、
理想は8時間程度です。

6.吸水が完了したら、水を切って蒸し器にかけます。
時間は約30分程度蒸しましょう。

7.蒸しあがったら、ご飯をしっかりと蒸らして
ほぐしておきましょう。


空気を入れるようにしっかりとほぐす事で、
余分な水分もとぶので、
出来上がりが全く違ってきます。


スポンサード リンク

もち米の炊き方を知っているのと知らないとでは違いがあります。
ご家庭でもち米を炊く際には、
ちょっとしたポイントで、美味しくもち米を炊く事が出来ます。